FC2ブログ

    shoko

    shoko

    -
    202004181631502bb.jpg

    ストレスによる急激な下痢症状、ツラいですよね

    それはもしかしたら、現代病と言われる過敏性腸症候群かもしれません。これまで具体的な対策がなく、ストレス社会で増え続けてきたストレス腸。そこで製薬会社がその悩みにアプローチするサプリメントの開発に成功したのです。



    20200418170147cae.jpg

    過敏性腸症候群(IBS)は、最近若い女性や働き盛りの人に急増している『ストレス腸』とも呼ばれる現代病のひとつです。

    過敏性腸症候群(IBS)とは

    下痢や便秘などの症状に悩まされているにもかかわらず、胃腸に原因となる病気や異常が見つからない症状。これといった対策がなく、ストレス社会に急増しています。

    この症状には様々な要因が絡み合っていますが、 がカギになると考えられています。

    ▶目次にもどる


    製薬会社が開発した【ppFree(ピーピーフリー)】が過敏性腸症候群に効くポイント

    20200418163351c93.jpg

    そんなストレス社会の『痛い』『苦しい』『つらい』と戦うため、ワイズ製薬がすでに研究の進んでいる米国の論文を中心にデータを集め、日本唯一の処方で開発されたサプリメント、それが【ppFree(ピーピーフリー)】です。

    ▶目次にもどる


    エース成分はペパーミントオイル

    20200418170142364.jpg

    ストレス腸の成り立ちは個人差が大きく複雑ですが、腸が過剰に運動し、消化吸収が間に合っていないというのが共通した状態です。ペパーミントはその運動を直接抑えるので、多くの症状の方に有効です。

    ペパーミントオイルは、強い清涼感がある精油でもともとペパーミント自体は、日本でも古くから知られていました。けれど研究が進んできたのはごく最近。ある生物学者が、ペパーミントオイルにはミミズの運動を支える平滑筋の動きを直接的に抑制する優れた働きがあることに気づいたことに始まります。

    ペパーミントオイルは、サプリメント先進国アメリカでは既に広く知られ、ストレスを抱える多くの方のお守りとなっています。

    ▶目次にもどる


    ショウガとフェンネル

    20200418170144ba2.jpg

    ショウガとフェンネルはともに精油成分を豊富に含んだ植物です。腸内細菌のバランスに働きかけることが知られています。

    ▶目次にもどる


    腸環境を整える ビフィズス菌

    20200418170145a41.jpg

    ビフィズス菌は腸内善玉菌の99.9%を占めると言われる善玉菌の王様です。ppFreeには、善玉菌のエサとなるビフィズス菌とサラシアをダブルで配合。正常な腸内フローラへと導きます。

    ▶目次にもどる


    こだわりのカプセル

    20200418163532da2.jpg

    どんやに素晴らしい成分が入っていても、確実に腸に届かなくては意味がないから、カプセルにもこだわりました。

    高い技術で天然成分100%ながら高い耐酸性を実現した腸溶性コーティング『E-カプセル』(特許第5878669号)を採用。このカプセルは胃酸から中身を守り、確実に腸へと届いた後、速やかに崩壊するという特徴があります。

    腸内で溶けることで、ペパーミントオイル特有の強い清涼感も軽減できるのでペパーミントのスースー感が苦手な方でも飲みやすくなっています。

    ▶目次にもどる


    実際にストレス腸で悩む家族が【ppFree】を飲んでみました

    20200418164557119.jpg

    こちらがppFree 1袋60粒入りです。

    20200418164808459.jpg

    カプセルは、真っ黒の少し膨らみのある小豆くらいの大きさ。においはありません。これを1日2~3回、1回1粒。食後以外の時間帯ならいつ飲んでもOKです。

    202004181648500ef.jpg

    常にお腹がゆるい家族が、飲み始めました。1回1粒なので飲みにくいこともないみたい。食後には飲めないので、忘れがちにならないように、時間を決めて飲むことにしました。

    なんだか安心

    もちろんすぐにハッキリとした効果が出るわけではないのですが、サプリメント飲んでいる安心感が、気持ちをかなり楽にして、それだけでも急に腹痛をおこすことがなくなったみたい。

    20200418165159085.jpg

    ストレスを感じずに生きることは難しいけれど、腸内フローラを意識して整えることは出来る。過敏性腸症候群は、腸内フローラの乱れからどんどん悪循環に陥っていってしまうのだから、まずはここに直接アプローチすることで、変化が起きたのだと思います。このまま続けていけば、ストレス腸の改善がかなり期待できます。

    ※あくまでも個人の感想であり効果効能を保証するものではありません。

    ▶目次にもどる


    3つの【ppFree】飲用ポイント

    202004181644265ee.jpg

    ppFreeを飲んで症状を改善するために大切な3つのなポイントをまとめてみました。
    1. 1回1粒、1日2~3回、食後は避ける
    2. ペパーミントオイルは腸に存在する間しか作用が続きません。だから、複数回に分けて飲むことが大切。基本的には1日2回、ひどい時は3回。食後に飲むとカプセルが胃で溶けてしまうため食後は避けて飲むことも重要ポイントです。

    3. 24週間でストレス腸の悪循環を断ち切る
    4. ストレス腸の悪循環を断ち切るためには、ある程度の時間が必要です。研究の結果、摂取期間の目安として24週間が推奨されています。

    5. 適度なげっぷ、おならは心配なし
    6. 体内のガスを排出し、腹部膨満感を和らげるフェンネルなどの働きで、げっぷやおならが増えたように感じる場合がありますが心配はありません。

    ▶目次にもどる

    初回半額!!定期コース


    ppFree(ピーピーフリー) 1袋60粒入り 通常価格 4,860円(税込)のところ、定期コース価格 3,888円(税込) さらに初回半額 1,944円(税込)送料無料!! ▶▶【ppFree(ピーピーフリー)】

    • 2回目以降20%オフ3,888円(税込)
    • 専任薬剤師による電話サポート付き
    • 解約休止はお届け予定日の1週間前までいつでも可能
    • 2回目からは1袋のみの場合送料350円がかかります

    ▶目次にもどる

    まとめ

    2020041816432907c.jpg

    ストレス腸は決め手となる解決策がないまま、悩まされる方が増え続けています。ppFreeは日本唯一の処方にたどり着いた製薬会社が自信を持って開発したサプリメント。サンプルテストをした結果、ストレス腸の症状があった全員に何らかの好転変化がみられたそうです。

    • 毎日下痢が続いていて通勤が困難
    • 下痢が気になって外出が不安
    • これまでの整腸サプリで効果が出ない

    そんな多くの悩める方に。新生活が始まるこの季節、ppFreeは、強い味方になってくれるはずです。


     
    にほんブログ村 美容ブログ ネイリストへ 



    スポンサーサイト