FC2ブログ

    shoko

    shoko

    -
    この夏の暑さでも私は毎日1万歩歩いてます!!バテない秘訣はにんにく卵黄

    夏になると体がバテて疲れがたまってしまう、という方多いですよね。私もこれを飲むまではそうでした。年齢と共に疲れやすくなっている自分に気がついてから、本物のにんにく卵黄を始めて、夏でも元気が衰えないみたい。
    201805312031440e0.jpg 


    てまひま堂のにんにく卵黄【229-55(ニンニクゴーゴー)】

    にんにく卵黄が体に元気をくれる、ということは昔からよく聞いていました。にんにく卵黄というのは、「蒸して裏ごしをしたにんにくと、卵黄を混ぜ合わせて、とろ火で長時間焦がさないように練り炒って水分を飛ばしたもの」だから基本的ににんにくと卵黄だけ、で出来ているのです。だからこそ、その素材によって歴戦とした差が生まれるのです。

    2018053120374241d.jpg 
    てまひま堂のにんにく卵黄は、文字通り手間(てま)と時間(ひま)をかけて本物を追求したにんにく卵黄。そのポイントをまとめてみました。

    ▶目次にもどる

    青森県産にんにく100%

    201805312038496b4.jpg 
    にんにく卵黄の要であるにんにくを選ぶために日本国中の農家を一軒一軒訪問して選び抜いたのは、青森県上北郡。この地域は、最低気温マイナス12.2度、最高気温34.8度と寒暖の差が非常に激しいところ。この厳しい環境が滋養分たっぷりの糖分を蓄えたにんにくを作り上げるのです。

    229-55のにんにくを育てているのは、八甲田農場。外国産の種を使用する農家が多い中、ここではにんにくを植え付ける際の種にも自らの農場で出来たにんにくを使用し、種から収穫までの全工程国内産100%にこだわっています。

    てまひま堂では、土つきのままにんにくを仕入れます。通常は土を取る手間がかかるため取り除かれたものを使用しますが、自社工場ににんにく皮むき専用工場を設けそこで丁寧に作業されるのです。土つきの食物は輸入出来ないので、土のついたにんにくを仕入れるということは、国内産であることの証明でもあります。

    ▶目次にもどる

    宮崎県霧島産無添加有精卵

    20180531203905e23.jpg 
    もちろんにんにく同様、卵にも本物を追求。滋養に溢れた上質な卵は、鶏がミネラルたっぷりの餌を食し、天然の水を飲んでいることが必要不可欠。ミネラル豊富な水の沸き出す霧島山麓だからこそ、ここで育つ鶏から生まれる卵は、力があり、滋養に溢れています。

    229-55に使われる卵は、「たまご牧場」の卵。ここでは、薬品や抗生物質を一切使わず、十数種類の自然素材をブレンドした餌を食べて鶏が育ちます。そして、その鶏たちが産んだ卵は徹底した衛生管理のもと、てまひま堂へ運ばれるのです。

    ▶目次にもどる

    てまひまかけた製造工程

    201805312039107ea.jpg 
    全ての工程に手間を惜しまないてまひま堂のにんにく卵黄は、なんと47の工程を経て完成します。更に品質管理にも余念なし。にんにく、卵ともに405項目に及ぶ残留農薬検査を仕入れ後も半年に1度は行い、生産から加工、流通、販売までの工程を商品から確認できるように明確に履歴と記録を残します。

    ▶目次にもどる

    腸溶二重コーティング

    2018053120400548f.jpg 
    にんにく卵黄を飲む上で最も気になるのが、臭い。どんなに臭いが少ないと言ってもこれまでのものは胃から上がってくる臭いがありました。けれども229-55はカプセルを二重コーティングにすることで、胃で溶けにくく腸まで届くようになったので臭いが逆流しないのです。

    栄養素は胃ではなく腸で吸収されるため、229-55の栄養をしっかり腸から吸収出来るようになっています。

    ▶目次にもどる

    にんにく卵黄【229-55】飲んでみました

    201805312033278b5.jpg 
    こちらが1袋62粒入り約1ヶ月分です。山下清画伯の桜島が描かれているパッケージが印象的。

    20180531203434dfd.jpg 
    開封してみると、さすがににんにくのにおいはしてきますが、てまひまかけて作られたというだけあって、なんだかこの色みも神々しい。

    201805312034428e1.jpg 
    1日2粒朝と夜の食事の後に飲むのが基本。まずは私もそのペースで飲んでみます。

    袋からはにんにくのにおいがしたけれど、飲んだ後は全くにおいません。だいたいにんにく入りのサプリメントを飲むと胃からにんにくのにおいがあがってきて、人にもわかるんじゃないかって心配になるのだけど、全くにおわない。二重コーティングカプセルの力は本物でした。

    201805312041154d2.jpg 
    にんにく卵黄を飲むと元気になる、なんだかそのイメージだけが先行していて、それって本当なの?ってちょっと疑いの目で見ていた私。だけど、すべてに本物だけを使用して手間を惜しまずに作られたこの229-55は、飲み始めてから1週間ほどで明らかに体の違いを感じ始めました。

    いつも朝起きるのが辛かったのに、朝が辛くない。そして夕方には電池が切れたように疲れて座り込むこともあったのに、夜になっても疲れを感じずに動いていられます。すごいパワー。にんにく卵黄の力って本当だったんだ。いや、本物のにんにく卵黄を飲んだから、本当の力がわかったのかもしれない。

    あんまり調子が良くなったので、いつも「疲れた疲れた」と口癖のように言っている家族にも飲んでもらいました。すると毎日帰宅すると疲れきって身動きが取れないほどだったのに、同じく1週間過ぎた頃から明らかに帰宅後の元気が変わってきてる。においがないから、オフィスでも気にらなくていいみたい。

    何より1番わかりやすいのが、毎日「疲れた」って言わなくなったこと‼

    ※あくまでも個人の感想であり効果効能を保証するものではありません。

    ▶目次にもどる

    愛飲者の声も本物

    2018053120360995b.jpg 
    229-55を愛飲している方々の声からもその実力がわかります。

    68歳男性

    毎日の暮らしに疲れを感じていましたところ、1週間飲んだら徐々に疲れがとれて来ました。


    36歳女性

    朝うがいと手洗いの間に必ず飲んでいますが、以前に比べて活動的になった気がするんですよね!そして朝から調子がいい‼


    57歳女性

    にんにくの臭いが気にならないので、毎日安心してのんでいます。




    ※あくまでも個人の感想であり効果効能を保証するものではありません。

    ▶目次にもどる

    本物のにんにく卵黄が初回960円

     
    てまひま堂のにんにく卵黄229-55(ニンニクゴーゴー)は通常価格1,922円(税込)のところ定期初回960円(税込)送料無料‼
     ※2回目以降は1,729円(税込)のずっと10%オフです。

    しかも、定期購入の回数縛りはありません。それでも1度飲むとその力を実感するので継続率は90%以上だそうです。これには私も納得。これだけの原材料を使い、てまひまかけて作っているので、正直もっとお高いと思っていました。この価格ならこれから先の元気のために、続けていける。

    ▶目次にもどる

    まとめ

    20180531203615ea0.jpg

    • 食べていても夏バテしてしまう
    • 寝ても疲れがとれない
    • 仕事を休みたくても休めない
    • いつも体がダルい
    こんな症状を年齢のせいだと放置していませんか?てまひまかけて作られた本物のにんにく卵黄は、これまでサプリメントではどうにもならないと諦めていた方にこそ、オススメ出来ます。体が元気だとお肌にも良い影響ばかり。229-55(ニンニクゴーゴー)は、美の追求の道へも通じているみたいです。



     
    にほんブログ村 美容ブログ ネイリストへ



    スポンサーサイト