FC2ブログ

    shoko

    shoko

    -
    フラーレンに1日中守ってもらえたらいいのに。

    そんな私の願い、フラーレンコスメのエキスパートビューティーモールは、もう叶えてくれていました。贅沢にダブルフラーレンで日中のダメージから守ってくれるだけでなく、紫外線までもを味方に取り込む。そんなスーパーマンみたいなUVミルクがあったのです。




    Wフラーレンで紫外線から私を守る【フラーレンUVミルク】


    ビューティーモールのフラーレンコスメに出会って、フラーレンとビタミンC誘導体APPS、TPNaのトリプルコンビネーションに絶大の信頼を寄せています。だからスキンケアだけではなく、日中もずっとつけていられるUVミルクを選びました。もちろんWフラーレンは規定値以上、更には紫外線を浴びることで逆に肌に潤いを与える成分も配合している、優れものです。

    ▶目次にもどる


    Wフラーレンとは


    大きく分けてフラーレンには水溶性(ラジカルスポンジ)と油溶性(リポフラーレン)の2種類が存在します。

    水溶性のラジカルスポンジは、どんな製品にも配合しやすく持続性の高い抗酸化力を持つ上に、刺激も少ないため、1番多くのアイテムに使用されているフラーレン。

    油溶性のリポフラーレンは。フラーレンにスクワランを混ぜて、油に溶けやすい状態にしたものです。リポフラーレンは油と親和性が高い成分なのでクリームや美容液に配合すると 肌にとてもスムーズに浸透します。


    フラーレンとは

    ノーベル賞を受賞した美容成分。ビタミンCの172倍もの抗酸化作用、プラセンタの800倍ものコラーゲン生成促進作用などを含んでいるエイジングケアに欠かせない貴重な成分。

    活性酸素を自身の内部に吸着して無害化することによって抗酸化力を発揮します。そして抗酸化力を発揮しても自らも壊れずに肌に発生し続ける活性酸素を長時間にわたって取り除くことができます。

    フラーレンの強く・長持ちする抗酸化力は、さまざまな肌トラブルの原因となる活性酸素を根本から対策するのに最適。だから老け見えの要因となるシミや毛穴のたるみ、炎症によるニキビやシワなどの改善などエイジングケア全般に高い効果があると期待されています。

    Wフラーレン配合の証し

    20190107191346f36.jpg  
    このWフラーレンマークは、水溶性と油溶性のどちらのフラーレンも高濃度で配合されている証明。最近ではどちらか片方のフラーレンマークをつけている化粧品は目にするようになりましたが、このWフラーレンマークはまだまだほとんどありません。 このマークは、フラーレンの効果を存分に実感できる商品だという証なのです。

    ▶目次にもどる


    APPS とTPNa 


    20190107191318a87.jpg  
    フラーレンと同様にビューティーモールのスキンケアに欠かせないのがAPPSとTPNa。

    APPSはアプレシエ®という昭和電工(株)が開発した成分で、全成分表示名称は「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」と言います。 最先端の浸透型のビタミンC誘導体です。

    APPSは、従来のビタミンC誘導体をさらに進化させた新型。従来のビタミンC誘導体は水溶性でしたがこれにパルチミン酸を付加し従来よりも皮膚浸透性に優れていることが最大の特徴。ビタミンC誘導体のなかでも水溶性と親油性の両方の性質を持つのはAPPSだけ。だから 特別なビタミンC誘導体なのです。

    TPNaは、トコフェリルリン酸Naのことで、ビタミンE誘導体です。ビタミンE誘導体はビタミンC誘導体と同じくそのものにも抗酸化、抗炎症作用をもちあらゆる外的ストレスから肌を守ります。 

    ただ、これまでのビタミンE誘導体は水に溶けにくく、水の中では極めて不安定になり分解されやすかったため化粧品として、配合することが困難でした。そこにリン酸基を導入することで、水溶性を実現したのがこのTPNa。TPNaの開発によって、化粧品への高濃度配合が可能になったのです。

    ▶目次にもどる


    3つの成分の相乗効果

     2018111822264525f.png 
    ビタミンC誘導体は、肌に塗布すると酵素によって分解され、そこで初めてビタミンCへと変換されます。けれどもビタミンCに変換された瞬間から「酸化しやすい物質に変化」してしまうので、ビタミンC誘導体を肌まで届けることができても、ビタミンCに変わったタイミングで再び壊れやすい物質になってしまうという欠点があります。

    一方、フラーレンは紫外線にも安定していて、活性酸素を吸着・無害化しても壊れることはありません。だからビタミンCとフラーレンを一緒に配合すれば、まずフラーレンが活性酸素と戦ってその働きを抑制し、ビタミンCの酸化を防いでくれます。そして活性酸素から逃げ延びたビタミンCは肌の奥へと浸透できるのです。

    APPSを単独で配合した化粧品よりも、フラーレンを同時配合した化粧品のほうが、APPSの効果がより期待できるということです。

    また、APPSは酸化にさえ注意すれば肌への浸透性がとても良いので即効性がありますが、効果はあまり長続きしません。一方フラーレンは抗酸化力が安定的に続く持続性が大きな特徴です。

    活性酸素からビタミンCを守りながら、自分もどんどん活性酸素を吸着・除去してくれます。フラーレンはビタミンCにとって最強のボディガードですが、お互いに頼りになるパートナーでもあるのです。

    更にフラーレンはビタミンC誘導体と同じように、ビタミンE誘導体の働きもアシストしてくれるのでTPNaの働きもフラーレンによって支えられているのです。

    ▶目次にもどる


    紫外線を潤いに変える⁉OTZ

    20190108124024766.jpg  
    もうひとつこのUVミルクの重要成分が、OTZ (オキソチアゾリチン)です。

    なんと、このOTZは、紫外線を浴びると自分自身が保湿成分に変化して肌に潤いを与えてくれるのです‼スゴい。紫外線が怖くなくなる。マイナスをプラスに変えた新発想ですね。

    ※紫外線吸収剤、パラベン、鉱物油、アルコール、合成香料、合成着色料無添加

    ▶目次にもどる

    【WフラーレンモイストUV】実際に使ってみた感想

    20190108130618dcf.jpg  
    WフラーレンモイストUV 30gです。SPF35PA+++でデイリーの日焼け止めとしては十分なUV数値です。

    2019010813084357e.jpg  
    UVミルク、となっていますが、クリームくらいのしっかり質感があります。だけど、肌にスルスルと伸びて、肌になじむ感覚は乳液のようです。

    20190108131736440.jpg  
    何もつけていない状態の手の甲は、相変わらずくすみとシミが気になります。ここにフラーレンUVをつけてみると。

    2019010813173936a.jpg
     
    え?ビックリ。くすみがとれてるのはもちろんなのですが、ものすごくみずみずしくなっているのが、おかわりいただけるでしょうか。

    フラーレンを取り巻く優秀な成分たちの効能ばかりをお伝えしていましたが、このUVミルク、実は化粧下地と毛穴カバー効果も超秀逸。色はつかないのに、毛穴とくすみが一気にカバーされて、更に潤いもアップ。しかも1日中Wフラーレンでパックされているのと同じこと。ここまでの美容液効果とUV効果と補正効果を兼ね備えているもの、出会ったことがない。

    ずっとWフラーレンでパックされているので、クレンジングした後の肌もこれまでにない滑らかさとふっくら感。1日中フラーレンに守られたい、という私の願を見事に叶えてくれました。



    SHOKO

    ここがお気に入り

    美容液効果はもちろんですが、私は肌の補正効果に驚きました。色がつかないのにここまで肌を均一で滑らかにしてくれるとは思っていませんでした。フラーレンを1日中まとっていられるし、もう紫外線に当たっても恐くない。やっぱりフラーレンコスメは、ビューティーモール、再認識しました。


    ※あくまでも個人の感想であり効果効能を保証するものではありません。

    ▶目次にもどる

    お得に購入出来る今がチャンス

      
    WフラーレンモイストUVは、通常1本30g 6,804円(税込)です。

    これ1本で日焼け止め・化粧下地・毛穴カバー・美容液・Wフラーレンパックの5つの役割を果たしてくれること、フラーレンはWで処方されていなくても非常に高価な成分であることを考えると決してお高くはない。

    でも今だけお得に購入出来るキャンペーンが開催されています。



    これは見逃せません。キャンペーンセールは在庫がなくなり次第終了なので、急いでチェックしましょう。

      ▶目次にもどる

    まとめ

    2019010814092582a.jpg

    やっぱりフラーレンコスメは、ビューティーモールにお願い事するのがイチバン。フラーレンのスペシャリストです。広告にお金をかけず、パッケージは飾り気のない極シンプルなものにして、高価で希少な成分をなんとか適正価格で届けようという、企業努力も素晴らしい。もう大手ブランドのコスメを使えなくなってしまいました。


    今ではママになられた元グラビアアイドルの森下悠里さんもこのUVミルクの愛用者。ツヤツヤ肌が印象的な彼女も年間を通してこのWフラーレンUVでケアしているんだって。

    私も1年中、そして1日中フラーレンに守られながら、美肌を目指していこう。またひとつ、手放せないマストアイテムが増えてしまいました。

    スポンサーサイト