FC2ブログ

    shoko

    shoko

    -
    季節がどんどん進んで、肌の乾燥もどんどん加速。目元のケアがいつも以上に必要になってきました。そこで、あのノーベル賞受賞成分フラーレンを規定値以上に配合した結果を出すスキンケア、ビューティーモールのリポフラーレンアイクリーム、始めました。



    ワンランク上のアイケア【リポフラーレンアイクリーム


    フラーレンとビタミンC誘導体APPSと言えば、最強2大抗酸化成分。今やエイジングケア化粧品には欠かせない存在。そして、この2大成分を規定値以上に高配合することで大人気なのが、ビューティーモールのスキンケア。皮膚が薄くデリケートな目元周りにこそフラーレンのエキスパートが作ったアイクリームが必要なのです。

    ▶目次にもどる


    リポフラーレンとは


    大きく分けてフラーレンには水溶性と油溶性の2種類が存在します。リポフラーレンは油溶性。フラーレンにスクワランを混ぜて、油に溶けやすい状態にしたものです。リポフラーレンは油と親和性が高い成分なのでクリームや美容液に配合すると 肌にとてもスムーズに浸透します。

    フラーレンとは

    ノーベル賞を受賞した美容成分。ビタミンCの172倍もの抗酸化作用、プラセンタの800倍ものコラーゲン生成促進作用などを含んでいるエイジングケアに欠かせない貴重な成分。

    活性酸素を自身の内部に吸着して無害化することによって抗酸化力を発揮します。そして抗酸化力を発揮しても自らも壊れずに肌に発生し続ける活性酸素を長時間にわたって取り除くことができます。

    フラーレンの強く・長持ちする抗酸化力は、さまざまな肌トラブルの原因となる活性酸素を根本から対策するのに最適。だから老け見えの要因となるシミや毛穴のたるみ、炎症によるニキビやシワなどの改善などエイジングケア全般に高い効果があると期待されています。

    リポフラーレン高配合の証し

    2018111822222199a.jpg 
    リポフラーレンは高濃度で配合されている証明として、パッケージやボトルなどにこの文字が記載されています。 この文字が記載されていれば、フラーレンの効果を存分に実感できる商品だということです。もちろんリポフラーレンアイクリームにはマークが記載されています。

    ▶目次にもどる


    APPS とは


    201811182224350e0.jpg 
    リポフラーレンと同様にビューティーモールのスキンケアに欠かせないのがAPPS。アプレシエ®という昭和電工(株)が開発した成分で、全成分表示名称は「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」と言います。 最先端の浸透型のビタミンC誘導体です。

    ビタミンCと聞くと抗酸化作用だけでなく、美白や毛穴やシワを抑制する効果もあり美肌の強い味方ですが、そのままだと不安定で酸化しやすく化粧品に配合しても皮膚まで浸透させるのが難しい成分なのです。このビタミンCの欠点を補うため肌に届くまでは酸化しないように改良したものがビタミンC誘導体です。

    APPSは、従来のビタミンC誘導体をさらに進化させた新型。従来のビタミンC誘導体は水溶性でしたがこれにパルチミン酸を付加し従来よりも皮膚浸透性に優れていることが最大の特徴。ビタミンC誘導体のなかでも水溶性と親油性の両方の性質を持つのはAPPSだけ。だから 特別なビタミンC誘導体なのです。

    フラーレンとAPPSは最も相性が良いので他社にはない優れた配合となっています。

    ▶目次にもどる


    TPNaとは

    2018111822260703a.jpg 
    トコフェリルリン酸Naのことで、ビタミンE誘導体です。ビタミンE誘導体はビタミンC誘導体と同じくそのものにも抗酸化、抗炎症作用をもちあらゆる外的ストレスから肌を守ります。 

    ただ、これまでのビタミンE誘導体は水に溶けにくく、水の中では極めて不安定になり分解されやすかったため化粧品として、配合することが困難でした。そこにリン酸基を導入することで、水溶性を実現したのがこのTPNa。TPNaの開発によって、化粧品への高濃度配合が可能になったのです。

    ▶目次にもどる


    3つの成分の相乗効果

     2018111822264525f.png 
    ビタミンC誘導体は、肌に塗布すると酵素によって分解され、そこで初めてビタミンCへと変換されます。けれどもビタミンCに変換された瞬間から「酸化しやすい物質に変化」してしまうので、ビタミンC誘導体を肌まで届けることができても、ビタミンCに変わったタイミングで再び壊れやすい物質になってしまうという欠点があります。

    一方、フラーレンは紫外線にも安定していて、活性酸素を吸着・無害化しても壊れることはありません。だからビタミンCとフラーレンを一緒に配合すれば、まずフラーレンが活性酸素と戦ってその働きを抑制し、ビタミンCの酸化を防いでくれます。そして活性酸素から逃げ延びたビタミンCは肌の奥へと浸透できるのです。APPSを単独で配合した化粧品よりも、フラーレンを同時配合した化粧品のほうが、APPSの効果がより期待できるということです。

    また、APPSは酸化にさえ注意すれば肌への浸透性がとても良いので即効性がありますが、効果はあまり長続きしません。一方フラーレンは抗酸化力が安定的に続く持続性が大きな特徴です。活性酸素からビタミンCを守りながら、自分もどんどん活性酸素を吸着・除去してくれます。フラーレンはビタミンCにとって最強のボディガードですが、お互いに頼りになるパートナーでもあるのです。

    更にフラーレンはビタミンC誘導体と同じように、ビタミンE誘導体の働きもアシストしてくれるのでTPNaの働きもフラーレンによって支えられているのです。

    ▶目次にもどる


    プラス2種のセラミドと無添加処方

    20181118222322473.jpg 
    リポフラーレンアイクリームには、リポフラーレン+APPS、TPNaに加え、肌のバリア機能を強化し自ら潤いを守り抜く力を高めるセラミド2とセラミド6を配合。ふっくら柔らかに潤いを閉じ込められる肌へ導きます。

    鉱物油、アルコール、防腐剤無添加で、デリケートな目元に優しい処方になっているから安心して使用できます。

    ▶目次にもどる

    【リポフラーレンアイクリーム】実際に使ってみた感想

    2018111822195408f.jpg 
    これがリポフラーレンアイクリーム18g。

    20181118222000115.jpg 
    固めのしっかりした質感のクリームです。水溶性ではなく油溶性のリポフラーレンを使用しているメリットかここにあります。

    目の周りは高い保湿効果のある成分が必要。リポフラーレンを塗布することで皮膚水分量が上がることは臨床試験で確認されているので、水溶性フラーレンよりもリポフラーレンを配合することがベストなのです。

    20181118222001839.jpg 
    とても伸びがよく、においもない。重ねて使っても肌にグングンなじみます。 リポフラーレンアイクリームを使ってから目元は常にふっくら。気になっていたシワがなくなってはいないけど、目元は常に潤っているのでなんだかシワも目立たなくなってきたみたい。

    SHOKO

    ここがお気に入り

    リポフラーレンアイクリームを使いはじめてから、目元は全く乾燥しなくなりました。大袈裟ではなく本当に、いつでもしっとりふっくら。これだけ目元の乾燥に効果があるのだから、最近気になり始めた口元のシワにも良いのではないかと口元にも使っています。目元にポンポンと軽く叩き込んだら、その残りで唇周りも一周します。リポフラーレン+APPS+TPNa、プラスセラミド。これ、最強のポイントクリームです。

    ※あくまでも個人の感想であり効果効能を保証するものではありません。

    ▶目次にもどる

    より効果を高める使い方

    リポフラーレンアイクリームの効果をより高めるためには、スキンコントロールローション(角質柔軟化粧水)をセラムの前に使用するのがベスト。肌に堆積した古い角質を優しく取り除き、肌環境をクリーンに整えるので、アイクリームの浸透力が違ってきます。

    20181118213731985.jpg 
    実はスキンコントロールローションをパウチタイプで購入することも出来るのです。10回分1,000円(税込)

    いつも使っている化粧水があるけれど、週末のケアにはこの角質柔軟化粧水を使ってみる、何て言うのもいいですよね。私もローションパウチを休みの日に使用することにしています。ピールローションを使ってからアイクリームをつけると、肌への入り方が違ってくるの実感できるのです。

    ▶▶【トライアル】毛穴・にきび 角質柔軟化粧液ピールローション 10回分


    ▶目次にもどる

    まとめ

    20181118222135c81.jpg 
    ビューティーモールはフラーレンスキンケアのスペシャリスト。フラーレンをその効果が発揮されるとされる規定値以上に配合しているだけでなく、その力を更に発揮させるAPPSとTPNaを同時に高配合しているのが、とてつもなく画期的。パッケージは飾り気のない極シンプルなものですが、高価で希少な成分をなんとか適正価格で届けようという、努力が感じられます。

    これからの季節、目元周りは1番注意してあげないといけない部分です。だから目元周りにこそ、最先端の美容成分が必要なのです。目元の雰囲気は見た目の印象を大きく変えてしまうから、冬が来て一気に老けたなんて思われないように、私はリポフラーレンアイクリーム、続けていきます。

    気になった方はぜひチェックしてみてください ▶▶発売以来大人気!ワンランク上を行くリポフラーレンを規定値以上配合したアイクリーム BEAUTY MALL

    ▶目次にもどる
     
    にほんブログ村 美容ブログ ネイリストへ






    スポンサーサイト