FC2ブログ

    shoko

    shoko

    -
    先日驚くべきスカルプローションの力をご紹介した 【アクティバート for デイリー  】ですが、フェイシャルケアアイテムも超優秀。あの有名芸能人やモデルも愛用しているという、驚愕のヒト幹細胞培養液スキンケア、私も体験させて頂きました。
    20181108062901fc4.jpg 
    公式サイトを見る▶▶幹細胞コスメ【アクティバート】  

     
    スカルプローションのレビュー(▶マツコ会議やnews every で大注目の育毛美髪サロンで使用のスカルプローション【ヒト幹細胞培養液コスメ アクティバートforデイリー】を体験)でも、お伝えしましたが再度ヒト幹細胞培養液を使用した画期的アイテムを作り出しているアクティバート for デイリーについて、おさらいします。

    ▶目次にもどる

    アクティバートとは?

    20181108062906f4a.jpg 
    これまでのスキンケアは、肌に足りない成分を補う、肌トラブルを一時的に和らげるという、ものが主流で根本から改善するものはほぼありませんでした。優れた技術からなるテクスチャーゆえに、そのスキンケアでも満足している人が多いのが現実。

    でもそれでは何の解決にもなっていない。果たして本当にこれでいいのか?という疑問を抱き『ヒト幹細胞培養液』に着目。安全でかつ効果効能の高い機能性成分なら、根本的な改善を目指し、真のエイジングケアをお届けできる。そんな思いから生まれたのが〈ACTIVART(アクティバ―ト)〉のスキンケアです。


    ヒト由来幹細胞培養液とは

    年齢肌を甦らせる鍵となるタンパク質。ヒト幹細胞培養液には、細胞活性成分である成長因子や様々な生理活性タンパク質が豊富に含まれています。

    幹細胞とは、自ら増殖する能力と、特定の働きをする細胞に分化する能力とを合わせ持つ細胞のこと。そんなヒトの細胞を使うなんて不安、と思われるかもしれませんが、幹細胞培養液には幹細胞自体は入っていません。だから、倫理的、遺伝子的な問題はなく、最も安全性の高い「次世代アンチエイジング成分」として美容業界で大きく注目されているのです。


    ▶目次にもどる

    ヒト幹細胞培養液の1番のポイント

    それは、ターンオーバーの乱れを改善すること。

    顔も頭皮もお肌の表面は角質からできています。健康なお肌の角質層は、約20%~30%の水分を含んでいます。アクティバートでは、本来肌が作り出すことができる天然保湿成分を自ら作り出すことができる状態に戻してあげることから始まります。ターンオーバーのサイクルは、おおよそ28日が正常とされており、年齢によって遅くなっていきます。細胞の活性がターンオーバーを正常化し、コラーゲンリサイクルメカニズムのスイッチを入れ、若々しいハリ肌へと導きます。


    ▶目次にもどる

    肌再生スイッチ3つのアクティブ成分

    20181108063020341.jpg 
    ヒト幹細胞培養液をデイリーのスキンケアに取り入れやすいように開発されたアクティバートforデイリーのアイテムには、全てに3つのアクティブ成分が配合されています。

    ・【ヒト幹細胞培養液】ADSC-CM
    年齢肌を甦らせる鍵となるのがタンパク質。ヒト幹細胞培養液には、細胞活性成分である成長因子や様々な生理活性タンパク質が豊富に含まれます。細胞の活性がターンオーバーを正常化することで、自らがヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンを作り出す肌に。

    ・【ビタミンC誘導体+ヒアルロン酸】VITA-HA400
    すべての細胞が必要とするビタミンC。ビタミンCの優れた機能は肌を健康な状態へと導く。アスコルビン酸と低分子ヒアルロン酸を結合した肌専用のビタミンC誘導体なら、肌の深部へ確実なデリバリーが可能に。透き通った美白肌へのスイッチをオン。

    ・【アンチエイジングペプチド】PROLIPHIL F4
    ハリとツヤを取り戻すアンチエイジングペプチド。優れた表皮浸透性と老化細胞への選択的浸透性を兼ね備えているので、細胞にスピード感のあるダイレクトアプローチが叶い、コラーゲンリサイクルメカニズムのスイッチを入れ、若々しいハリ肌に導きます。

    ▶目次にもどる

    アクティバート for デイリー 01ブースターローション

    アクティバート for デイリーの基本的なスキンケアは、わずか2ステップ。それだけで、充分に肌が満たされ細胞レベルで動き始めます。

    20181108062904f3a.jpg 

    洗顔直後に使う導入化粧水です。
    税込 13,824円(本体12,800円) 容量:180ml

    ヒト幹細胞培養液と微弱荷電技術を融合させて、高浸透&高保湿を叶えたローションです。

    微弱荷電処理とは

    有効成分のそれぞれの効果が最大限に発揮される処方にするため微弱の電気をプラス。電気を帯びることでそれぞれの有効成分が混ざることなく、生きたままそれぞれ必要な場所と時間にわかれて働きます。  使ってすぐにしっとり感やハリ感を実感。そして使い続けるうちに「ヒト幹細胞培養液」が細胞を呼び覚まし、肌老化を根本から解決する効果が期待できます。

    ▶目次にもどる

    徹底保湿を叶える成分を配合

    アクティバートのスキンケア全てに配合されている、先述した肌再生にスイッチを入れる3つのアクティブ成分に加えて、肌をしっとり滑らかに整えるヒアルロン酸、水溶性ナノ化コラーゲン、エラグ酸、セラミド3を配合。とろみのあるテクスチャーで洗顔直後の素肌をしっかりと潤わせながら、年齢とともに変化するお肌の悩みにアプローチしていきます。

    • 自動ドリップ式ヒアルロン酸
    手間とコストを惜しまず、じっくりと自然ドリップさせたヒアルロン酸を更にナノ化。肌のなじみがよく、しっとりとした潤いが持続。

    • 水溶性ナノ化コラーゲン
    人の肌にもともと存在するコラーゲンも性質を壊さないように調整しながら、よりなじみやすいサイズに。角質層の内側からふっくらハリ肌に。

    • エラグ酸
    イチゴやブルーベリーなどに多く含まれる天然のポリフェノールの一種。抗酸化作用が高く、健康や美容に関心が高い人達が注目。

    • セラミド3
    年齢と共に減少するラメラ構造を構築する成分。水分保持機能、シワを軽減する機能に優れています。

    ▶目次にもどる

    ブースターローション実際に使ってみた

    2018111419453972d.jpg 
    ブースターローションは、導入の意味のブースターという名前がついていますが、導入液としての効果も化粧水としての効果もどちらも兼ね備えています。洗顔後1番はじめに使ってほしいという意味で、ブースターという言葉を使っていますが、もちろんこれ1本で化粧水として使えます。

    201811141945388f1.jpg 
    質感はとろみがあって少し白濁した美容液のような感じ。洗顔後の肌にぐんぐん吸い込まれてハンドプッシュするとしっとりもっちり。あれ?ブースター化粧水なのに?これは美容液まで兼ね備えていますね。成分を考えても立派に美容液としても使える。

    この価格(13,824円)はもちろん私にとっては相当高価なものだけど、ブースター美容液とローションを1本で兼ねたと思えば、一世を風靡したブースター美容液をもつあの海外ブランドコスメとほぼ変わらない。

    2018111419454070b.jpg 
    どれかひとつだけヒト幹細胞培養液スキンケアをいれたい、のならば、このローションが良いそうです。その場合、どのスキンケアよりも前に1番に使用することが大切。あとオイル美容との相性は良くないので、美容オイルをブースターに使用している場合は、避けた方が良いです。

    ※あくまでも個人の感想であり効果効能を保証するものではありません。


    アクティバート for デイリー 03 SCデュアル ミルク

    20181108062902133.jpg 
    水分と油分のバランスを整え、 しっとりと潤いに満ちた肌へ導くモイスチャーミルク。
    税込 18,144円(本体16,800円) 容量:50ml

    ▶目次にもどる

    更なる機能性成分

    ブースターローションと同じくアクティバートシリーズに配合している3つのアクティブ成分に加え、上質なシアバターを配合することで、べたつかず、しっとりとした使用感を実現しています。

    • シアバター
    天然由来の植物性油脂として肌にとてもなじみやすく長時間、保湿が持続し、乾燥から守りながら肌を柔らかくする。高い抗酸化作用もあります。

    • スクワラン
    天然の保湿剤で、皮膚への親和性が高く馴染みやすいため、高い保湿効果がある。シミやシワ、たるみの対策にも効果を発揮します。

    • ヒアルロン酸+ビタミンC誘導体
    アスコルビン酸と低分子ヒアルロン酸を結合した肌専用のビタミンC 誘導体。深部へ確実にデリバリーされ、美白肌へのスイッチをオン。


    ▶目次にもどる

    デュアルミルク実際に使ってみた

    20181114194412bc4.jpg 
    ブースターローションですでにかなり整っている肌に、ぴたりと密着する乳液とクリームを兼ねたアイテム。

    20181114194413487.jpg 
    手に取り出してみると乳液と呼ぶにはかなり固め、クリームと言うには柔らかめのちょうど中間くらいの質感です。肌にするすると伸びてぴたっと吸い付く。

    シアバターを使っているけれど、べたつくことなく軽い仕上がり。最初はもっとベタベタしてないと不安、なんて思っていたのだけど翌朝の肌のぷりっとした感触に納得してしまいました。

    ヒト幹細胞培養液の配合量はシリーズで1番多いということなので、使い続けることで肌の変化を実感出来そうです。    

    SHOKO

    無香料なのも魅力

    アクティバート for デイリーのスキンケアは全て無香料。肌に余計な成分を残さないことを考えて香料を使用せずに化粧品原料そのものの香りがそのままするように作られています。最小限のアイテムで最大限の力を引き出してくれるから、ひとつの価格は高価ですが、その機能と効果を考えるとお値段以上、ですね。

    ※あくまでも個人の感想であり効果効能を保証するものではありません。

    ▶目次にもどる

    特別な日の特別なマスク

    アクティバート for デイリーのもうひとつのアイテム、それがSCインプライムマスクです。デイリーとは言うものの、とてもデイリーに使える価格ではないスペシャルケア。

    20181114174026da8.jpg 
    有効成分を肌の奥まで浸透させるゲルタイプの高密着マスク。
    1枚入 税込 2,700円(本体2,500円) 
    4枚入 税込 10,368円(本体9,600円) 容量:25ml

     3つのアクティブ美容成分『ヒト幹細胞培養液』『ビタミンC誘導体+ヒアルロン酸』『DDSペプチド』をたっぷり含ませた、バイオセルロース素材の超密着ぷるぷるマスクは、肌に吸いつくようにフィットするので、有効成分が密閉効果で肌のすみずみまでしっかり角質層まで浸透します。

    20181114174027a40.jpg 
    何といってもこのマスクのポイントは、ナタデココを主成分とし、発酵技術を用いて作られる植物由来のシート素材です。従来の不織布のマスクに比べ、美容成分の携帯性や水分保持力に優れ、肌にピタッと密着。美容成分を効率よく浸透させ、みじみずしいハリ肌に導いてくれます。

    今回マスクの素材を手にのせてみたのですが、このぷるぷる感がずーっと続くのにびっくり。これを顔につけたらたまらなく気持ちが良いだろうな、と思いながらもさすがにちょっと躊躇する価格。

    SHOKO

    ホリデーシーズンのプレゼントにバッチリ

    大切なイベントがある前だったら、このマスクに賭けてみたいって思いますね。クリスマスとか記念日、結婚式とかパーティー、ここぞという日の前に使いたい。お友だちへのプレゼントにもいいですよね。1枚2,700円。プチギフトにするならぴったりだし、確実に喜ばれる。ヘアメイクさんたちの選ぶギフトアイテムのひとつらしいです。




    ヒト幹細胞培養液と聞くと安全性に不安を抱く方もいるかもしれません。アクティバート for デイリーは、幹細胞スキンケアのパイオニアであるアンチエイジング株式会社が手がけるアイテム。その安全性は保証されています。

    今回私もヒト幹細胞培養液スキンケアを体験して、これはこれからの時代のアンチエイジング成分としてなくてはならないものになる、と確信しました。足りないものを補うだけのケアではない、細胞レベルでの再生を促すケア。私たちはもともと再生する力、を持っているのだから、それを発揮させないでただ老いていくなんてもったいない。どうせなら、私はその力を発揮させて、細胞を再生させてみせる、と本気で思わせてくれました。

    芸能人やモデルさんたちの間でもリピーターが大変多いのも納得です。彼女たちがいつまでも変わらない見た目を維持している秘訣は細胞レベルの肌再生。それを自宅で使えるようになったのだから、試さないなんてもったいない。


     
    にほんブログ村 美容ブログ ネイリストへ



    スポンサーサイト