ツレヅレ美ナルモノ

ココロとカラダがキレイになれるもの

このエントリーをはてなブックマークに追加

Book report in July  本から伝わる言葉と温度と色と

多くの素晴らしい作品に出会えた7月。まずはじめにいつもとはちょっと違うとても嬉しい経験を2つ。



読書メーターの献本に当選‼

20170801154324654.jpg 

思わず声をあげてしまうほど喜びました、私。しかも大好きな辻村深月さんの新作。なかなか単行本購入が出来ないのでもう嬉しくて嬉しくて。大事に大事にだけどあまりに作品がおもしろくて一気に読みました。


かがみの孤城 (一般書) [ 辻村 深月 ]

この作品はまたいずれ映像化されるのではないかと思う。辻村深月さんが初期に書かれていたようなファンタジーとミステリー、それにヒューマン的要素も網羅した素晴らしい作品です。


今回久しぶりに図書館の本ではなくて単行本を手にしてみて思ったのです。あー、やっぱりハードカバーの本にこそ作者の気持ちも愛情も宿るのだな、と。文庫にも電子ブックにもそれなりに良いところはあるけれど、やっぱり本から伝わる温度が違います。


パンケーキを一度我慢しても単行本を一冊増やす方が私の中に残るのではないかって。



レビューが文庫本の帯に掲載


20170801154326018.jpg 

この作品は以前に単行本で読んだ降田天さんの『匿名交叉』の文庫本。文庫発売にあたってタイトルも変わったのですがその文庫本につく帯に私が書いたレビューを掲載してくださったのです。


彼女はもどらない (宝島社文庫 このミス大賞) [ 降田天 ]

非常に短文で拙い文章だけど素直な気持ちで書いたものでした。本当にゾクゾクして恐いのに止められない。素晴らしい作品です。



7月に出会った作品


・かがみの孤城 辻村深月
・ナ・バ・テア 森博嗣
・ダウン・ツ・ヘヴン 森博嗣
・笑わない数学者 森博嗣
・詩的私的ジャック 森博嗣


20170801154457ffc.jpg 

そんなわけで『かがみの孤城』のインパクトはとても強く7月の一番にあげるとしたらやっぱりこれになるのだけど、実は森博嗣作品と終始お付き合いしていた月でした。


どうにも森博嗣ワールドから抜け出せなくなりそれはまだ続いています。森博嗣さんといえば『すべてがFになる』に始まるS&Mシリーズといわれるこの一連のシリーズもまだ途中なのに『スカイクロラ』シリーズにも手を出してしまい頭の中が森ワードでいっぱい。


素敵な表現はいつも書き留めてしまう。そのくらいこの人の言葉の使い方が好き。こんな素晴らしい表現をする人が理系の大学教授だなんて天はいくつもの才能を与え過ぎじゃない。これからも森博嗣の世界にはどっぷりと浸かっていく予定です。


そしてもう一人、窪美澄さん。


・アカガミ 窪美澄
・よるのふくらみ 窪美澄
・ふがいない僕は空を見た 窪美澄
2017080115445957f.jpg 

この人の作品と初めて出会ったのが7月。一気に三作読みました。私は彼女のような作品の色がグレーがかっているものに惹かれる傾向にある。完全に闇、なのではなくグレー。その雰囲気がたまらない。

そして久しぶりに唯川恵さんの作品も読みました。今ちょうどドラマが放送されている『セシルのもくろみ』

・セシルのもくろみ 唯川恵
・サンブンノイチ 木下半太
・鈴木ごっこ 木下半太
・竜宮ホテル 村山早紀
・幻想古書店で珈琲を 蒼月海里

20170801154501ccf.jpg 



唯川作品は若い頃めちゃめちゃ読みまくった。どんなシチュエーションもドラマっぽくて憧れたり憤慨したり。今回久しぶりに手にとってみたらやっぱり唯川恵だな、と思えて裏切られなくて嬉しかった。女性の気持ちを文学的過ぎてどっちかわからないまどろっこしい表現を使わずにストレートに書いてくれるところがいい。


セシルのもくろみ (光文社文庫) [ 唯川恵 ]

さっきのグレーが好き、と相反するようだけどそこは求めるものが違うみたい。唯川恵の世界はリアリティーじゃない。いつもドラマの中の女性は素直でストレートいてくれていい。窪美澄の世界はそれでは困る。ストレートではない女があの色を醸し出してくれる。そっちの方が私にとってはリアルに近いのです。


ちなみにドラマもちらっと見ましたが原作の方が数倍いいです。イメージが違いすぎてすぐに止めてしまいました。



8月もまた沢山の本と言葉に出会えますように。時間は1分たりとも無駄に出来ないな。






スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

 辻村深月 レビュー ブックメーター 読書メーター 感想 森博嗣 窪美澄 唯川恵